スポンサーリンク

 

bitcoingold

 

2017年の10月24日、ビットコインからハードフォークして、「ビットコインゴールド(BTG)」ができました。ビットコインは分裂すると、その新しい仮想通貨がビットコインユーザーに無料配布されます。ビットコインゴールドも配布されることが決定しています。

ビットコインゴールドの配布を心待ちにしている人も多いです。私もその1人です。今回は、ビットコインゴールドについて解説していきます。

 

 

ビットコインゴールド誕生の理由

 

bitcoin

 

そもそもなぜ、ビットコインがハードフォークしてビットコインゴールドが生まれたのでしょうか。これは、運営側の非中央集権社会の実現が一番だと言われています。

ビットコインは、1つのところにキャッシュが集まり過ぎない、平等な社会の実現を思想にしています。しかし、今のビットコインは、ASICが利用可能という問題があります。

ASICをたくさん保有している組織(特に中国のマイニンググループ)ばかりが利益を上げてしまう構造です。これでは、ビットコインのそもそもの思想とは真逆です。

そこで、ASICを利用不可にして、個人も簡単にマイニングできるビットコインゴールドが生まれました。

 

 

ビットコインゴールドの無料配布

 

bitcoin

利益がマイニング組織に1点集中ではなくて、個人が稼ぎやすくなったのが、ビットコインゴールドだと言えます。このビットコインゴールドが、ビットコイン保有者に無料で配られるということが発表されています。

ただし、国内の取引所では、基本的にビットコインゴールドの安全性がチェックできてから、配布を開始するという姿勢を取っています。

国内三大取引所である、ビットフライヤー、コインチェック、Zaifの動向について、以下に紹介します。

 

■ビットフライヤー

ビットフライヤーは、以下のように発表しています。

『2017 年 10 月 25 日に Bitcoin Gold(以下、「BTG」)によるビットコインのブロックチェーン分岐(以下、「BTG 分岐」)が予定されています。当社として下記の対応*1を予定しておりますのでお知らせします。
・当社は、BTG 分岐前にお客様が bitFlyer アカウントで保有されていたビットコイ
ン現物の数量と同量の BTG をお客様に付与*2 します。 BTG 分岐が恒久的であ
り、お客様の資産保護等の観点においても問題が無いと当社が判断した場合、お
客様はビットコイン、及び BTG 両方の資産を持つことになります。

・BTG の付与に伴い、BTG の売買サービス、お預入・ご送付サービスの提供を開始
する予定です。』

(出典:Bitcoin Gold によるビットコインのブロックチェーン分岐に向けた対応  https://bitflyer.jp/pub/announcement-regarding-bitcoin-gold-fork-ja-2.pdf)

ビットフライヤーは、やはりビットコインゴールドのリプレイアタックを懸念していることが分かります。これから、リプレイアタック対策がなされて安全だと分かったら、配布を始めるという姿勢です。

 

■コインチェック

コインチェックは、以下のように発表しています。

『このたびのビットコインゴールドに係る分岐に際し、コインチェックではビットコインゴールドの付与を行う予定です。
しかしながら、以下のような事象が発生し、弊社にてお客様の資産の保護が困難と判断される場合やサービスの安定した提供が困難と判断される場合においては、ビットコインゴールドの付与を行わない可能性がございます。

・Replay attackに対する対策が不十分であると確認された場合
・マイナーが十分に集まらず、ブロックが安定的に生成されない場合・何らかの脆弱性が発覚しそれに対する対策が行われない場合
・その他、弊社において付与等の取り扱いが不適切と判断される場合等』

(出典:2017年10月24日「Bitcoin Gold」の分岐に係る対応方針について https://coincheck.com/blog/4512)

コインチェックもビットフライヤーと同じ考えですね。リプレイアタック対策などで安全だとチェックできてから、ビットコインゴールドを提供するという構えです。

 

■Zaif

最後にZaifですが、Zaifは今後、ビットコインゴールドの配布を行わないことを発表しています。

 

 

 

ビットコインゴールドについてまとめ

 

bitcoingold

ビットコインゴールドは、中国のマイニンググループを抑えて、個人に利益を上げやすくする仮想通貨です。ただし、分裂にはリプレイアタックの危険もあることから、国内の取引所は慎重な姿勢を示しています。

特にZaifは取り扱いをしないことを明言していますから、ビットコインゴールドの無料配布を受けたい方は、ビットフライヤーかコインチェックに移動しておくのがおすすめです。

(画像出典:photoac)



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。