スポンサーリンク

 

 

ビットコインで利益を上げたときに、税金がかかるのか心配になる人は多いです。かくいう私もその1人でした。どれくらい利益が上がったら確定申告の対象になるのか、また納めるとして、どれくらいの税金がかかるのか、疑問だらけでした。

今回は、ビットコインと税金について解説していきます。

 

1. ビットコインは雑所得に区分される

 

ビットコインは、以前は消費税の8%が課せられていました。しかし、ビットコインで物を買ったときに二重課税となる恐れがありました。2017年の7月に法が整えられて、ビットコインは雑所得とされました。

雑所得は、所得税の一種になります。アフィリエイトやFXによる利益も、雑所得です。

 

2. 雑所得が20万円以下なら納税しなくて良し

 

雑所得が20万円以下であれば、税金はかかりません。面倒な確定申告をしなくても良いです。

例外として、住宅ローン控除や医療費還付、生命保険料控除などを利用する場合には、20万円以下の利益でも税金が課せられます。

 

3. 仮想通貨は総合課税となる

 

雑所得は総合課税です。これが厄介な点です。他の給与などの所得と合算のうえで、税率が計算されます。累進税率なので、所得が大きければ大きいほど、税率は高くなります。所得控除のうえで、確定申告をします。

以下が累進税率と所得控除の表です。

仮想通貨には、所得税と住民税がかかります。1月~12月の間に上げたトータル金額から原資を引いた金額が利益です。これが税金の対象となります。

 

利益 所得税率 所得控除額 住民税
195万円以下 5% 0円 10%
195~330万円 10% 97,500円
330~695万円 20% 427,500円
695~900万円 23% 636,000円
900~1,800万円 33% 1,536,000円
1,800~4,000万円 40% 2,796,000円
4,000万円以上 45% 4,796,000円

 

この表を見れば、すぐにこれぐらいの税金がかかる、ということが分かるはずです。
たとえば、1月~12月中のビットコインの利益がトータルで100万円の場合には、

所得税=(100万円- 0円) ×5% =5万円
住民税=100万円×10%=10万円

となります。合わせて15万円の税金です。

1月~12月中の仮想通貨の利益合計が300万円だったら、

所得税=(300万円 – 9.75万円)×10% =29.025万円
住民税=300万円×10%=30万円

となります。59.025万円が合計の税金額です。

 

4. 勤め人の方がビットコインで利益を上げた場合をシミュレート

 

前述したように、ビットコインは総合課税ですから、給与と合わせた額に税金がかかってきます。これが面倒です。具体的な例として、給与所得が500万円の人が、ビットコインで300万円の利益を得たときにかかる税金を見ていきます。

このとき、仮想通貨の利益(300万円)は、給与の500万円と合わせた800万に対して税額が算出されます。これが総合課税です。

所得800万円に課せられる税率は、給与500万円だけのときの区分から1つ上がり(上記の表を参照)、23%です。そして気をつけなくてはいけないのは、この税率が給与所得と仮想通貨の両方にかかるということです。

500万円分の所得税は、会社が自動的に引いてくれます。しかし、不足した分の税額があります。これが確定申告の対象です。

給与所得にかかる税金は、「(500万円 ― (控除)63万6000円) × 0.23=100万3720円」です。仮想通貨による利益がなかった場合(91万4500円)と比較すると、8万9220円上がります。この額が不足分です。

仮想通貨の利益(300万円)に対しても税金が課せられます。総合課税として800万円の税率で計算します。

「(300万円 ― (控除)63万6000円) × 0.23=54万3720円」の税金が課せられます。

 

5. ビットコインの税金は税理士に依頼したほうが気楽

 

ビットコインと税金について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。かなり計算が複雑で面倒だと感じた人がほとんどだと思います。

面倒だからといってテキトーにやったり、しなかったりすると、過少申告税や延滞税といったリスクがあります。おすすめなのは、納税については専門家に丸投げしてしまうことです。

税理士にお願いすると、確かに10万円前後の費用がかかります。しかし、確定申告に不備があった場合のリスクに比べると安いものです。ビットコインでの利益が上がれば上がるほど、税金に関するリスクも上がると考えておいたほう良いでしょう。

リスク回避のためにも、特に勤め人の方で確定申告の経験がない場合には、税理士に依頼するのが良いです。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。