【2018年1月10日】2017年はビットコイン元年!今後の展開はどうなる?



スポンサーリンク

 

 

2017年は、まさに仮想通貨元年でした。2017年の初めから12月までで20倍以上も値が上がりました。全体として見ると、買いが買いを呼んでとどまるところを知らなかった、と言えます。

ただし、部分的に見ると、たった1日で4割近く下落することも。こういったリスクの大きさもまた桁違いの投資です。

金融アナリストも、このビットコインを始めとする仮想通貨の隆盛を、歴史に残るバブルだと言っています。この膨らんだバブルは、これから先どういった展望があるのでしょうか。

 

1. ビットコインは一般に浸透するようになった

 

ビットコインについてはCMでも普通に流れるようになって、日本でも極めて一般的なものなってきています。たとえば、子どもの教育費の足しにするためにビットコインを購入するお父さんもいます。福井県に住む会社員の男性は、50万円分のビットコインを購入しました。

購入は2年前でしたが、その当時は1単位が4万円でした。そこから価値が上がっていき、今では500万円の投資にまで拡大しました。時価総額は1億円を超えています。4割に及ぶ相場暴落を経験することもありましたが、仮想通貨はこれからもっと上がっていく、と期待を寄せています。

 

2. ビットコインの価格上昇が止まらない

 

ビットコインの価格は、特に2017年に入ってから、より急速に上がりました。きっかけはやはり、国内取引所が登録制になったことでしょう。

これによって仮想通貨に対する警戒心が緩和されて、多くの個人投資家の呼び込みに成功しました。

ビットコインは常に安定して成長しているわけではなくて、分裂を起こすのが特徴です。分裂するとやはり一時期は価格が不安定になりますが、すぐに持ち直します。これは投資熱の後押しが原因で、分裂したほうが儲かる、といった思考が働いているためです。

 

3. 次々にネット企業がビットコインに参戦

 

GMOインターネットやSBIホールディングス、DMMドットコムといった大手のネット企業も次々に参入しています。特にGMOインターネットは、北欧でマイナー事業を始めています。

北欧は電気代が安価であるからです。コンピュータを常時稼動させて計算するマイナーは、電気代の節約が利益を上げるために重要になってきます。

GMOの熊谷正寿社長は「初年度から事業は黒字になるだろう」と意気込みました。ただし、相次ぐネット企業の参入で競走は激しくなっています。

 

4. 2018年以降のビットコインはどうなる?専門家の意見

 

ビットコインの黎明期だった2015年から考えると、わずか2年あまりで100倍近い上昇率を記録しています。金融アナリストなどの専門家は「これがバブルでなかったら何がバブルになるんだ?」と口を揃えています。

特にそういった専門家の意見では、「ビットコインの適正価格はまだ誰にも分からない。分からない以上、ユーザーがまだ上がる、と思い続ける限りどこまでも価格は上がる」と指摘しています。

一方で、米金融大手JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン会長は、「いつか政府が押し潰すだろう」と否定的な意見を出しています。

ビットコインの今後については、専門家でも意見が分かれるところです。いつまでビットコインの狂想曲が続くのか。これから一定の価格で落ち着くのか、それとも法定通貨のライバルとなりしのぎを削るようになるのか、個人や企業の思惑がうずまくビットコイン業界から目が離せません。


スポンサーリンク

【2018年1月9日】ビットコインって税金がかかるの?具体的な納税額を解説



スポンサーリンク

 

 

ビットコインで利益を上げたときに、税金がかかるのか心配になる人は多いです。かくいう私もその1人でした。どれくらい利益が上がったら確定申告の対象になるのか、また納めるとして、どれくらいの税金がかかるのか、疑問だらけでした。

今回は、ビットコインと税金について解説していきます。

 

1. ビットコインは雑所得に区分される

 

ビットコインは、以前は消費税の8%が課せられていました。しかし、ビットコインで物を買ったときに二重課税となる恐れがありました。2017年の7月に法が整えられて、ビットコインは雑所得とされました。

雑所得は、所得税の一種になります。アフィリエイトやFXによる利益も、雑所得です。

 

2. 雑所得が20万円以下なら納税しなくて良し

 

雑所得が20万円以下であれば、税金はかかりません。面倒な確定申告をしなくても良いです。

例外として、住宅ローン控除や医療費還付、生命保険料控除などを利用する場合には、20万円以下の利益でも税金が課せられます。

 

3. 仮想通貨は総合課税となる

 

雑所得は総合課税です。これが厄介な点です。他の給与などの所得と合算のうえで、税率が計算されます。累進税率なので、所得が大きければ大きいほど、税率は高くなります。所得控除のうえで、確定申告をします。

以下が累進税率と所得控除の表です。

仮想通貨には、所得税と住民税がかかります。1月~12月の間に上げたトータル金額から原資を引いた金額が利益です。これが税金の対象となります。

 

利益 所得税率 所得控除額 住民税
195万円以下 5% 0円 10%
195~330万円 10% 97,500円
330~695万円 20% 427,500円
695~900万円 23% 636,000円
900~1,800万円 33% 1,536,000円
1,800~4,000万円 40% 2,796,000円
4,000万円以上 45% 4,796,000円

 

この表を見れば、すぐにこれぐらいの税金がかかる、ということが分かるはずです。
たとえば、1月~12月中のビットコインの利益がトータルで100万円の場合には、

所得税=(100万円- 0円) ×5% =5万円
住民税=100万円×10%=10万円

となります。合わせて15万円の税金です。

1月~12月中の仮想通貨の利益合計が300万円だったら、

所得税=(300万円 – 9.75万円)×10% =29.025万円
住民税=300万円×10%=30万円

となります。59.025万円が合計の税金額です。

 

4. 勤め人の方がビットコインで利益を上げた場合をシミュレート

 

前述したように、ビットコインは総合課税ですから、給与と合わせた額に税金がかかってきます。これが面倒です。具体的な例として、給与所得が500万円の人が、ビットコインで300万円の利益を得たときにかかる税金を見ていきます。

このとき、仮想通貨の利益(300万円)は、給与の500万円と合わせた800万に対して税額が算出されます。これが総合課税です。

所得800万円に課せられる税率は、給与500万円だけのときの区分から1つ上がり(上記の表を参照)、23%です。そして気をつけなくてはいけないのは、この税率が給与所得と仮想通貨の両方にかかるということです。

500万円分の所得税は、会社が自動的に引いてくれます。しかし、不足した分の税額があります。これが確定申告の対象です。

給与所得にかかる税金は、「(500万円 ― (控除)63万6000円) × 0.23=100万3720円」です。仮想通貨による利益がなかった場合(91万4500円)と比較すると、8万9220円上がります。この額が不足分です。

仮想通貨の利益(300万円)に対しても税金が課せられます。総合課税として800万円の税率で計算します。

「(300万円 ― (控除)63万6000円) × 0.23=54万3720円」の税金が課せられます。

 

5. ビットコインの税金は税理士に依頼したほうが気楽

 

ビットコインと税金について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。かなり計算が複雑で面倒だと感じた人がほとんどだと思います。

面倒だからといってテキトーにやったり、しなかったりすると、過少申告税や延滞税といったリスクがあります。おすすめなのは、納税については専門家に丸投げしてしまうことです。

税理士にお願いすると、確かに10万円前後の費用がかかります。しかし、確定申告に不備があった場合のリスクに比べると安いものです。ビットコインでの利益が上がれば上がるほど、税金に関するリスクも上がると考えておいたほう良いでしょう。

リスク回避のためにも、特に勤め人の方で確定申告の経験がない場合には、税理士に依頼するのが良いです。



スポンサーリンク

【2018年1月8日】ビットコインゴールドに期待!ACICを抑えて個人もマイニングできるように!

bitcoingold



スポンサーリンク

 

bitcoingold

 

2017年の10月24日、ビットコインからハードフォークして、「ビットコインゴールド(BTG)」ができました。ビットコインは分裂すると、その新しい仮想通貨がビットコインユーザーに無料配布されます。ビットコインゴールドも配布されることが決定しています。

ビットコインゴールドの配布を心待ちにしている人も多いです。私もその1人です。今回は、ビットコインゴールドについて解説していきます。

 

 

ビットコインゴールド誕生の理由

 

bitcoin

 

そもそもなぜ、ビットコインがハードフォークしてビットコインゴールドが生まれたのでしょうか。これは、運営側の非中央集権社会の実現が一番だと言われています。

ビットコインは、1つのところにキャッシュが集まり過ぎない、平等な社会の実現を思想にしています。しかし、今のビットコインは、ASICが利用可能という問題があります。

ASICをたくさん保有している組織(特に中国のマイニンググループ)ばかりが利益を上げてしまう構造です。これでは、ビットコインのそもそもの思想とは真逆です。

そこで、ASICを利用不可にして、個人も簡単にマイニングできるビットコインゴールドが生まれました。

 

 

ビットコインゴールドの無料配布

 

bitcoin

利益がマイニング組織に1点集中ではなくて、個人が稼ぎやすくなったのが、ビットコインゴールドだと言えます。このビットコインゴールドが、ビットコイン保有者に無料で配られるということが発表されています。

ただし、国内の取引所では、基本的にビットコインゴールドの安全性がチェックできてから、配布を開始するという姿勢を取っています。

国内三大取引所である、ビットフライヤー、コインチェック、Zaifの動向について、以下に紹介します。

 

■ビットフライヤー

ビットフライヤーは、以下のように発表しています。

『2017 年 10 月 25 日に Bitcoin Gold(以下、「BTG」)によるビットコインのブロックチェーン分岐(以下、「BTG 分岐」)が予定されています。当社として下記の対応*1を予定しておりますのでお知らせします。
・当社は、BTG 分岐前にお客様が bitFlyer アカウントで保有されていたビットコイ
ン現物の数量と同量の BTG をお客様に付与*2 します。 BTG 分岐が恒久的であ
り、お客様の資産保護等の観点においても問題が無いと当社が判断した場合、お
客様はビットコイン、及び BTG 両方の資産を持つことになります。

・BTG の付与に伴い、BTG の売買サービス、お預入・ご送付サービスの提供を開始
する予定です。』

(出典:Bitcoin Gold によるビットコインのブロックチェーン分岐に向けた対応  https://bitflyer.jp/pub/announcement-regarding-bitcoin-gold-fork-ja-2.pdf)

ビットフライヤーは、やはりビットコインゴールドのリプレイアタックを懸念していることが分かります。これから、リプレイアタック対策がなされて安全だと分かったら、配布を始めるという姿勢です。

 

■コインチェック

コインチェックは、以下のように発表しています。

『このたびのビットコインゴールドに係る分岐に際し、コインチェックではビットコインゴールドの付与を行う予定です。
しかしながら、以下のような事象が発生し、弊社にてお客様の資産の保護が困難と判断される場合やサービスの安定した提供が困難と判断される場合においては、ビットコインゴールドの付与を行わない可能性がございます。

・Replay attackに対する対策が不十分であると確認された場合
・マイナーが十分に集まらず、ブロックが安定的に生成されない場合・何らかの脆弱性が発覚しそれに対する対策が行われない場合
・その他、弊社において付与等の取り扱いが不適切と判断される場合等』

(出典:2017年10月24日「Bitcoin Gold」の分岐に係る対応方針について https://coincheck.com/blog/4512)

コインチェックもビットフライヤーと同じ考えですね。リプレイアタック対策などで安全だとチェックできてから、ビットコインゴールドを提供するという構えです。

 

■Zaif

最後にZaifですが、Zaifは今後、ビットコインゴールドの配布を行わないことを発表しています。

 

 

 

ビットコインゴールドについてまとめ

 

bitcoingold

ビットコインゴールドは、中国のマイニンググループを抑えて、個人に利益を上げやすくする仮想通貨です。ただし、分裂にはリプレイアタックの危険もあることから、国内の取引所は慎重な姿勢を示しています。

特にZaifは取り扱いをしないことを明言していますから、ビットコインゴールドの無料配布を受けたい方は、ビットフライヤーかコインチェックに移動しておくのがおすすめです。

(画像出典:photoac)



スポンサーリンク

【2018年1月5日】2018年仮想通貨元年



スポンサーリンク

あけましておめでとうございます。

2018年、仮想通貨元年がやってきましたね(願)

この一年で日本がどのように変わっていくのか、非常に楽しみです。

こちらのランキングサイトで仮想通貨のランキングが発表されています。
➡︎最強ランキング1.2.3

 

 

本日はビットコインとイーサリアムがなかなかの勢いで上昇していますね。

ビットコインが上昇したのは久しぶりですね。

ずっとヨコヨコでもう190を超えることはないんじゃないかとも言われていましたからね。笑

しかし久しぶりに上昇して本当によかったです。

 

 

イーサリアムはじわじわ最近あげてきていて、新高値をどんどん更新している状態です。

今日も新高値130000円を更新しました。

おめでとうございます。

イーサリアムはビットコインの次世代コインとも言われていたのですが、ここ最近はビットコインの影響で連れ安が多かったのですが、上昇し始めると一気に勢いに乗りましたね。

ビットコインにはないスマートコントラクトなどのアドバンテージがあるのでそんぶん期待が高まっているようです。

 

 

大型のアルトコインとは別で、最近まで二桁だったリップルとネムコインが大幅に上昇してきていますね。

今日こそ少し落ちてはいますが、リップルはここ10日ほどで約4倍、ネムコインもここ数日で4倍近い値上がりを見せています。

 

 

もともとリップルなんかは取引量はものすごかったのになぜこんな安いのか不思議に思われていました。

しかも超大手銀行が取り扱うということで話題にもなっていたので、遅かれ早かれものすごい上がることは間違いなかったですよね。

今も勢いは衰えていないし、一度上がったら止まらなそうなのでこれからが非常に楽しみになってくるコインです。

 

 

ネムコインはずっと安くはあったのですが、今回突然上がり始め、それにつられるようにリップルも上がってから、この二つのコインは兄弟のように仲良く上がったり下がったりを繰り返しています。

ネムコインも技術はしっかりあるので注目されていたコインですが、取り扱っている取引所があまりなかったのであまり注目されていませんでしたが、今回の高騰で一気に注目が集まりだしましたね。

日本のしっかりした取引所の中で買えるコインの中で3桁なのはリップルとネムだけなので、安さから試しに購入する方も多いようです。


スポンサーリンク

 

 

最近は仮想通貨を実際に通貨として使う目的で買われているというよりは、投機目的で買っている方の方が圧倒的に多いので、これからの伸び率があまりないビットコインより、当たれば一攫千金するような3桁のコインに注目が集まる理由がよくわかります。

これから投機目的として扱われていくようになると、買い方や売り方も変わってくると思うので目を離せません。

最近ではトークンの存在も徐々に日本に広まりつつあるのでicoについての勉強も怠らない方がいいでしょう。



スポンサーリンク

【2017年12月16日】着々と上がっていく仮想通貨たち?!



スポンサーリンク

 

本日はボーナス後であり、クリスマス前の土曜日ですので、どこもかしこもバカみたいに混んでますね泣

なんで日本という国はキリスト教でもないのにクリスマスを祝うんですかね?

とりあえず祝える時は祝っとけみたいな感じなんですかね?笑

12月はイベントが多いのに1月、2月、3月はイベントが少なすぎて、寒すぎて、ギャップですごく悲しくなりません?

スノボーくらいしか楽しめそうなイベントがありません。

本日の仮想通貨は、ビットコインが着実に上げてきている印象ですね。

このジワジワ上げは何かビットコインの本当の強さみたいなものを感じます。

まあ私は今はモナコインとネムコインしか持っていないのですが笑

ビットコインは30万円くらいの時に遊びで買ってたのですが、あの時にもそろそろ暴落すると言われていて、そこからもう半年経ちましたが約7倍になってしまいましたね。

もはやビットコインが暴落するかどうかなんてウォーレンバフェットにもわからないのではないかと私は思っています。

会社が発行している株なら調べまくればこの先どうなるか、だいたい予想はつきますが、ビットコインなどの仮想通貨に関しては業績とかの価値観は全くありません。

世界中の一人一人が価値を決めるのです。

でもよくよく考えたら今使っている現金もそうですよね。

10000円札なんてただの紙切れだし、今はみんなが10000円の価値があるって認めてるから10000円だよって通用するけど、この紙切れに10000円の価値はない!ってみんながなり始めたら、ほんとにただの紙切れですよね。

まさに紙一重ってやつですね笑

やはりそう考えると、今は世界中のみんながビットコインには200万の価値があると認めているから200万で売買されているわけなので、みんながビットコインには1億の価値があると言い始めたら1億まで上がることもありえます。

1億とかバカかよ笑

と思うかもしれないですが、限界がないので本当にあり得るんですよ?

やはり仮想通貨に関しては言葉にしてみんなを巻き込んでいくことが上がるきっかけになると思います。

例えば雑誌で有名な影響力の強いウォーレンバフェットのような投資家がビットコインは3000万まで行くといえば、自然に3000万に近づいていくものなのです。

なのでこの先どうなるかはわかりませんが、どんどん上がったらみんな嬉しいに決まっているので、上がる上がるって半分祈りながら言葉にしていきましょう!笑

 



スポンサーリンク

【2017年12月15日】2017年冬のボーナス!!



スポンサーリンク

 

本日はなんといっても、みなさん冬のボーナスの日ですね。

サラリーマンの方々は年に2回のビッグイベントです。

ということで本日はリップルが爆上げして、4〜5倍ほどに跳ね上がっておりましたね。

リップルはビットコインなどに比べると、中央機関としっかり提携していく体制のコインなので、サラリーマンの方々のような真面目な人たちにはウケがよく、本日爆上げという形になったのではないでしょうか?

やっぱり好きそうですもんね、リップル。

でもよくよく考えると、仮想通貨というのは中央機関を通さないから注目されているはずだったのに、これでリップルどんどん上がっていったら、結局今とあまり変わらない、ただの電子通貨の時代になるだけですよね。

私的にはやはりリップルよりビットコインなどのような中央機関を介さない、独立した通貨を応援していきたいものです。

まあ結局リップルの金がビットコインに流れ込んでビットコインも200万くらいまで一時上がっていましたね。

他の通貨は結構下がっているので予想外でした。

しかしリップルもまだ二桁でこれからが楽しみな通貨なので注目していきたいと思います。

 



スポンサーリンク

【2017年12月13日】ついにビットコイン購入枠!!



スポンサーリンク

 

本日はビットコインの購入枠というのが発表されました。

これは一体なんのことでしょう?

簡単に言うと、GMOという会社が、給料の一部をビットコインで受け取ることができるようにしたというニュースです。

ビットコインで給料を受け取れる会社はおそらく国内初で、ついに仮想通貨もここまで来たかという感じです。

給料をビットコインで受け取ることができ、ビットコイン支払いができる場所がもっと増えていけば、もう現金を使うことが完全になくなります。

それこそ今の時代の最先端のあるべき姿です。

現金を使うより圧倒的にスムーズで、圧倒的に効率がいいし、経済が良くなるのは間違いないです。

だってレジに並んだりするなんて時間の無駄が完全になくなりますもんね。

今はビットコインだけですが、この先イーサリアムやライトコイン、モナコインなど、さまざまなコインで自由に給料を受け取れるようになり、資産運用も一般人にとってもより身近なものになっていくのではないでしょうか?

今の日本では、円の価値が常に上下しているのに、気にしていない方が多いですよね?

それが仮想通貨になれば、通貨の価値に敏感になる人が増えると思います。

こうやって考えると、仮想通貨市場は本当にまだまだこれからで、2020年のオリンピックまでに、どこまで日本でスムーズに仮想通貨での支払いができるようになっているかが勝負ですよね。

政府もそのように考えていて、仮想通貨関係のビジネスにはかなり肯定的だそうです。

日本政府が仮想通貨に肯定的なのはかなり良いことで、今の世界の超高速な発展に食らいついていくことができると思います。

これから増えていくであろう、ビットコイン購入枠を導入する会社から目が離せません。

 



スポンサーリンク

【2017年12月11日】CBOEによる暴落?!



スポンサーリンク

 

本日は日本時間で朝8時にCBOE先物市場にビットコインが上場するということで、本日まで不安感で下がり続けていた仮想通貨全般が一気に上がってきていますね。

おそらく上場という不安要素がとりあえず終わったことにより、市場がプラスのイメージを持ち、ビットコインが落ち着くことによりその他の通貨も連れて上がってきたという感じでしょうか。

実際今回の暴落で仮想通貨は終わった、と思った方ももしかしたらいるかもしれません。

でも私が思うに仮想通貨はこんなところではまったく終わらず、むしろまだ始まりにすぎないと思っています。

たとえ何が事件がありビットコインが消滅したとしても、ブロックチェーンを使った他の仮想通貨が上がってくることは間違いないと思います。

どの企業もブロックチェーンや仮想通貨採用に向けて今動いているので、まだ仮想通貨をあまり知らない方々にブロックチェーンのすごさが広まるのはこれからだと思います。

ブロックチェーンは仮想通貨だけではなく、他の業界にも幅広く利用される技術で、非常に素晴らしい技術なので、これからブロックチェーン社会になって行くのは時間の問題です。

第2のインターネットと言われるブロックチェーンを技術を利用した最初の業界が金融業界であり、ビットコインであったというだけです。

中央集権型であった今までの社会をぶち壊すというのは本当に革命中の革命だと思います。

さらに世の中がよくなると考えるだけでワクワクします。

そんなブロックチェーン技術を日本人がもっと理解しはじめた頃には、モナコインやネムコインなど、日本とのコインも注目され、ビットコインとモナコインが使えるお店、というのも増えていったらいいですね。

財布なんか持たないで生活できる世の中がもうすぐそこまできています。

 



スポンサーリンク

【2017年12月10日】仮想通貨全体の暴落?!



スポンサーリンク

 

ここ2.3日で仮想通貨全体が暴落していますね。

よくわからずに仮想通貨を買ってしまっていた方は、なぜ下がったのか、何が起きているのか全くわからずに、とりあえず打っておけ!という感じで売り払ったかもしれません。

ただ仮想通貨というのは明確に上がったり下がったりする理由というのがあるわけではなく、こういうことがあったから買う人が増える、売る人が増える、という予想をみんながすることにより売買するので上下します。

つまり、仮想通貨に対する人々の考え方や想いなどがそのまま現れるのです。

下がっていれば仮想通貨に対してマイナスなイメージを持つ人が増えたということ、上がってくれば仮想通貨に対するプラスなイメージを持つ人が増えたということです。

「ビットコインは世界中で使うの禁止!!」と誰かが言ったらビットコインの価値は一気に0円になります。

そういう面ではハイリスクかもしれません。

ただこれからの社会で仮想通貨なしで生活しているようでは、社会が全く進歩しないので、おそらく何かしらの仮想通貨が当たり前のように使われることになるのは間違いないです。

今回の全体的な暴落に関しては、12月10日(日本時間では12月11日)にビットコインが先物市場CBOEに上場するということが決定したからと言われています。

この件を不安要素に思っている人たちが、仮想通貨を売り始め、イーサリアム、モナコイン 、ネムコインなども今のような状態になっていると予想されます。

ただこの下げは一時的なもので、今回の件が落ち着けばまた元の値まで戻ってくると考えています。

仮想通貨の恐ろしさを思い知った方も多いと思うので、自分の全財産を突っ込んだりはせず、余裕資金で投資するようにしましょう!

 



スポンサーリンク

【2017年12月9日】bitflyerのサーバーダウン?!



スポンサーリンク

 

先ほどビットフライヤーがサーバーダウンしましたね。

以前ビットフライヤーがサーバーダウンした時はモナコインが爆上げしました。

今のところ見る限り、特にモナコインが結構下げてるようですが他はそんなに大差ありませんね。

楽天ニュースでマイナス材料があったとのことですが、楽天の三木谷社長はモナコインに出資しているはずなのでどうなのかなという感じですけどね。

あとネムコインがここ2日ほどで3倍くらいに爆上げしてるようです。

まだ2桁のコインなので成長性があって楽しみなコインですよね。

ネムコインはコインチェックで取引できます。

ビットコインはここ最近は130万から一気に200万を超え、そのあとは200万前後をうろうろしている状態ですね。

そろそろ冬のボーナスが入った方や、もうすぐ入る方が多い時期なので、日本産の仮想通貨であるモナコインは、銀行が開く月曜あたりに何かしらの動きがありそうです。

たぶんtwitterなどで仮想通貨の話を聞くことが多くなってきていると思うので、今まで仮想通貨のことを知らなかった人たちも参入してくる可能性があり、とても楽しみです。

筆者はモナコインに特に注目しております!

 



スポンサーリンク